海洋深層水とは、水深が200m以上の深海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)に分布する水の事です。海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)は水深が200mくらいになってしまった場合には日の光が海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)水に吸収され、届かなくなるでしょう。それより深くなると、真っ暗な闇の世界だと言われているのです。この闇の世界に流れている水を海洋深層水といいます。海洋深層水(産業資源として、日本各地で取水されています)は、ずっと海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)の深くに存在しているのかといえね、そうではないのです。海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)水は地球規模で大きく循環しているのです。海水には、水温が高く、塩分濃度が薄ければ軽くなって表層を流れ、水温が低く塩分濃度が濃ければ深層へと沈むと言う作用があるみたいです。要するに、赤道付近で表層を流れていた海水は、北大西洋のグリーンランド沖や南極付近で沈み込み、再び赤道付近を超えた北太平洋で上昇するといった循環を繰り返しているのです。この循環が一周するのに約2000年の月日がかかるといわれているようです。つまり、私たちが飲んでいる海洋深層水(日本はもちろん、海外でも研究されているそうです)は、2000年かけて地球を循環してきた水ということなんです。気の遠くなるような年月をかけて循環している海洋深層水(取水する場所によっても、その成分は微妙に畭なるでしょう)には、?多くあるミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)が含まれています。また、深海(肌を焼いた後にはきちんとケアしないと、後でボロボロになってしまいます)を流れていた水ですので、汚染の心配もないですね。海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)洋生物をはぐくむ無機栄養塩類も豊富にふくまれています。こういった特徴のある海洋深層水(日本はもちろん、海外でも研究されているそうです)には、血液をさらさらにし、血液の循環をよくする働きがあるかも知れません。そのため、動脈硬化(生活習慣を改善するなどして、早めに予防することが大切です)や高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)、心筋梗塞、脳卒中(何らかの原因で脳の血管が詭まったり、破れることで起こります)の予防や冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)、かたこりの改善などのほか、脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)異常症の予防・改善、アトピー性皮膚炎(明確な原因がわからないことが多く、絶対的な治療法は未だに発見されていません)などにも良いとされています。海洋深層水(日本はもちろん、海外でも研究されているそうです)、体の為にもぜひ毎日飲であると言われていますー